私のWiFiがAndroidから盗まれたかどうかを知る方法

ルータ

今日では、自宅、オフィス、商業施設などでWiFiネットワークを使用することが最も一般的ですが、ほぼすべての点で大きな利点があることは間違いありません。 現在のデバイス 簡単かつ迅速にネットワークに接続する オペレーターが提供するこの接続により、ケーブルなどを必要とせずにインターネットに接続できます。

これはすべて非常にうまくいっていますが、 WiFiネットワークに接続する許可がありません 接続すると、これは接続速度に直接影響する可能性があります。さらに、サードパーティがデータ、写真、ドキュメントなどにアクセスできるバックドアを持つことができます...

この場合、今日、WiFiネットワークは、接続料金を払いたくない人にとっても興味深いアクセスポイントであり、ネットワークでこれを許可することはできません。 私のWiFiがAndroidから盗まれたかどうかを知る方法は、今日すべてのユーザーが利用できるオプションであり、いくつかの簡単な手順でこれらを検出します ネットワーク上の不要な接続。 

WiFiコントロール

セキュリティパスワードは随時変更してください

自宅や職場などからWiFi接続に不正にアクセスしているユーザーを検出するタスクに入る前に、これらの不要なアクセスを回避するための一連の非常に基本的な予防策を講じることができます。 何かを暗号化したり、複雑なパラメータを変更したりすることではありません。パスワードを時々変更するだけで、接続の盗難を防ぐための優れた障壁がすでにあります。 非常に基本的なように見えるかもしれませんが、正確には これらの種類の変更は非常に簡単で迅速に行うことができます 私たちのWiFiネットワークを安全に保つための重要なものです。

通常、この設定はオペレーターのルーターにアクセスすることで行われ、PC / Macまたは携帯電話からルーターに接続し、Webブラウザーを開いてアドレスを入力します。 アクセスはオペレーターごとに異なりますが、通常はWebまたはオペレーター自身のページで簡単に見つけることができます。 Movistarは、我が国のすべてのルーターのアクセスドアとして指定しています。 192.168.1.1、192.168.ll o 192.168.0.1、192.168.0.l オレンジの場合、別の例を挙げると、次のとおりです。 http://livebox o http://192.168.1.1 そこに到達したら、通常1234またはAdminであるアクセスパスワードを入力する必要があります。それだけです。

一方、ホームネットワークの到達範囲を制御したり、WPSを非アクティブ化したりできることは言うまでもありません。これらは、不要なアクセスを回避するために実行できるその他の対策ですが、最終的にはこれらの方法は100%安全ではないため、しないでください。これにより、問題は永遠に解決されると期待しますが、これらの手順を実行すると、 それは私たちのネットワークへのアクセスを非常に複雑にします。

WiFiコントロール

デバイスとMACアドレスを確認する

これは、WiFiネットワークで常に利用できる別のオプションであり、同意なしに誰がネットワークにアクセスしているかを確認できます。 接続されているデバイスのリストを見て、各デバイスのMACアドレスと比較する必要があります。 既知のデバイスを直接見ることができます.

この方法には問題があり、すべてのスマート製品、電球、スピーカー、ブラインドなど、ますます多くのデバイスがWiFiネットワークに接続されています。 ネットワーク上の侵入者を検出するのが非常に困難になります そして何よりも、それは実行するのにかなり長い仕事になります。

WiFiコントロール

RedBox-ネットワークスキャナー、接続を検出するためのツール

で発売された新しいアプリ/ツールです XDA開発者 モバイルデバイスでは完全に無料(それぞれの広告付き)であり、MACアドレスを介してデータにアクセスし、この方法で参加を見つけるため、すべてのネットワークを簡単かつはるかに整然とした方法で検出および管理するこのオプションを提供します接続。 私たちはWiFiネットワークのすべての接続の詳細を見ることができます、 不要な接続を検出する または、接続の待ち時間を確認することもできます。 これは、接続への不要なアクセスがあることを知っているすべてのユーザーにとって本当に興味深いアプリケーションです。

このツールの操作は簡単で、接続した機器を正しく監視できるようにWiFiネットワークを追加する必要があります。 次に、登録されていない各接続の検索を開始します。 明らかに、アプリケーションには、私たちの場所にアクセスしてネットワークにアクセスし、SSIDとBSSIDを知るためのアクセス許可が必要です。 このツールをアクティブにする方法は、次の手順に従うことで非常に簡単です:

  • 私たちが最初にしなければならないことは、アプリケーションをダウンロードすることです
  • 次に、「侵入者検出器」オプションにアクセスして、デバイス登録プロセスを開始します
  • 「新しい検出器」に入り、機器をスキャンします。 終了したら、承認されたものにマークを付けます
  • 許可されていないユーザーの名前を追加し、MACアドレス検出モードを選択します
  • スキャン時間が短いと、不要な接続をより速く検出できますが、スマートフォンのバッテリーを大量に消費するため、注意してください
  • «作成»をクリックすると、アプリは侵入者がいないかネットワークを直接監視します。 何かを検出した場合、または通知を送信して「マイディテクタ」に表示される場合

これで、WiFiが盗まれたかどうかを確認できます より簡単かつ迅速な方法で。 このアプリケーションをモバイルデバイスにインストールすると、誰かが許可なくWiFiネットワークにアクセスするたびに常に警告が表示されますが、このアプリケーションは常に接続を検索しているため、このアプリケーションのバッテリー消費量を考慮する必要があります。それを管理する方法を知り、バックグラウンドで作業しているときにバッテリーが不足しないようにします。

論理的に WiFi接続への不要なアクセスを防ぐオプションはありません 完全に安全ですが、上記で説明したように、生活を複雑にすることなく、不要なアクセスを回避できます。ルーターのパスワードを徐々に制御および変更するだけで、これらのアクセスを防ぐことができます。 次に、RedBoxなどの興味深いツールを使用して、もう少し調査し、これらの不要な接続を可能な限り回避できます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

<--シードタグ -->