サムスンのAR絵文字は、将来のビデオ通話中に使用される可能性があります

バルセロナでの最後のMWCの間に、韓国の会社が立ち上げられました 新しいSamsungのAR絵文字 ギャラクシーS9 y ギャラクシーS9 Plusどちらのモデルにも、これらのかわいいパーソナライズされた絵文字を作成できるアプリケーションがあります。 真実は、これはAppleのAnimojiのコピーであると多くの人が言ったということですが、それらは似ていることは事実ですが、XNUMXつの非常に異なるものです。

ずっと前に見たものなので、両者の違いを説明する時ではありませんが、今では明らかになっています サムスンのAR絵文字について話すPatentlyMobileの特許取得済みアプリ そして、これらが会社の他のデバイスとビデオ通話を行うために使用される可能性。

ビデオ通話用の新しいアプリケーション

そしてしばらくしてから、ビデオ通話でAR絵文字を使用するには、 3Dで顔認識を備えたフロントカメラで、現時点ではSamsungにはありません。 新しい機能は、それほど遠くない将来、おそらくGalaxy S10の次のバージョン以降に登場するでしょうが、今のところ、ソフトウェアとハ​​ードウェアが必要です。

によって公開された特許の良いところ パテントモバイル これは、ビデオ通話でこれらのAR絵文字を使用するシステムを示しているため、トーンがよりカジュアルになります。 サムスンギャラクシーS9とS9プラスで作成された絵文字は、思ったほどリアルではありませんが、絵文字であるため、私たちの顔の完全なコピーである必要はありません。 近い将来、特許が進展するかどうか、Samsungが実際にビデオ通話に実装するかどうかを確認します。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。