Google マップで位置情報を共有する方法

WhatsAppからよりもGoogleマップから位置情報を共有する方が良いです

Google マップは多数の地理位置情報機能を提供しており、そのうちの 1 つは次のような機能です。 私たちの場所を共有する。通常、ユーザーは WhatsApp または別のメッセージング アプリからこれを実行しますが、より効率的です Google マップから直接行う。それがどのように行われるかを見てみましょう。

Google マップで現在地を共有できるようになります

Google マップから直接位置情報を共有

Google マップは、仮想地図上のあらゆる場所を見つけるのに役立つ、かなり洗練されたツールです。さらに、それは容易になります リアルタイムで私たちの場所を共有する または、そこから離れることなく、ある方向から直接。効率的にするには、次の手順を実行する必要があります。

Telegram
関連記事
電報が更新され、リアルタイムで現在地を共有できるようになります
  • Googleマップを入力してください。
  • プロフィール写真をタップします。
  • ボタンを押したいメニューが開きます«シェア"
  • 到着予定時刻と送信先の連絡先を示すオプションを設定します。

受信者には、ボタンが有効になった Google マップのリンクが直接表示されます。 そこに行く方法を知るために。押すと、その場所への行き方を示すガイドウィンドウが開きます。これは非常に実用的で、より効率的です。 WhatsAppから位置情報を共有.

Googleマップに表示する方法
関連記事
Googleマップに表示する方法

別の住所の Google マップの位置を共有する

Googleマップから位置情報を共有する方法

Google マップから住所を共有するために、必ずしも現地にいる必要はありません。たとえば、まだ到着していない待ち合わせ場所の場合は、次の手順に従ってリンクを送信できます。

  • Googleマップを開きます。
  • 共有したい地点または住所を見つけます。
  • Google マップの検索エンジンを使用するには、敷地名、通り、地域、住居などの名前を入力します。
  • その場所をタッチすると、下部に一連のオプションが開き、« が表示されるまで各オプションをスクロールします。シェア"
  • 送信方法と最終連絡先を選択します。
Googleマップ
関連記事
Googleマップに座標を配置する方法

位置情報の共有オプションは、WhatsApp が提供するオプションと比較して、Google マップから直接行うのが最適です。なぜなら 地理位置情報アプリから直接実行でき、バッテリー残量の割合などの貴重なデータが含まれます.

この機能は、子供の正確な位置と携帯電話の充電残量を知りたい親にとって非常に便利です。したがって、緊急事態が発生した場合でも、効率的に行動できます。ただし、位置情報共有オプション 制限があり、18 歳未満の未成年者向けであり、リンクの持続時間は 24 時間です。。完了すると、ユーザーはこの方法で再び位置情報を共有できます。

Android用Googleマップのステップバイステップ
関連記事
Googleマップでは、次の公共交通機関の停車地をスキップできません

これらの参考資料、トリック、情報を使用すると、位置情報を Google マップから直接共有する方法が今までとは異なり、より安全になります。 この記事を他のユーザーと共有して、この貴重で重要な機能の使用方法を理解してください。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。