Libratone OneClickスピーカーレビュー

libratone-ワンクリックスピーカー

今日私たちはあなたに持ってきます Libratone OneClickスピーカーレビュー、ポータブルブルートゥーススピーカーの非常に魅力的なコンセプトで、十分に軽いサイズです バックパックで運ぶ または、大きくて、オーディオレベルで要求の厳しい消費者を満足させるのに十分な音質を提供するバッグ。 さらに、すべてのLibratone製品で通常行われているように、セットのデザインは、細部のタイプを忘れていない基本的な要素です。

ワンクリックモデルは、ポータブルで軽量なバージョンです。 数週間前にActualidadiPhoneで分析したZIPPスピーカー。 ZIPPモデルの価格は349ユーロですが、 あなたはたったの€179でワンクリックを持つことができます.

ワンクリックで移動し、天候に耐えるように作られています

水やほこりから保護された接続

ワンクリックで快適に持ち運べるように設計されていることは、その寸法と重量が目立つだけでなく、スピーカーにはすべての接続と繊細な要素があります 水やほこりから保護 シリコンキャップ付き。

それはまた持っています 落下の可能性から保護するラバーフレームと同様に キャリングハンドル とても便利です。 彼の 本の形をしたデザイン また、バックパック内で快適に移動するのにも非常に適しています。

しかし、スピーカーのバッテリーが付属していなければ、これはすべて役に立たないでしょう。 それが非常に重要な理由です 12時間の自治 電源に接続する必要なしに提供します。

360ºフルルームサウンド

スピーカーは持っています 360ºフルルームテクノロジー 音を全方向に送ることができます。 強力な1×3インチのウーファー、1.1インチのツイーター、パッシブドライバーが含まれているため、音質は非常に優れています。

良好な接続性

スピーカーには スマートフォンと接続できるBluetooth4.1。 これを行うには、iOSおよびAndroidで利用可能なlibratoneアプリをダウンロードし、Bluetoothを介してスマートフォンをスピーカーに接続する必要があります。これで、スマートフォンからデバイスを快適に管理する準備が整います。 また、Bluetooth + 1テクノロジーを備えています。 別のブランドのスピーカーと接続する そして、同じ音楽が両方に聞こえること。

これでは不十分であるかのように、スピーカーを次のように使用することもできます ハンズフリーで電話をかけたり受けたりできます。

この時点で、スピーカーはインターネットに直接接続して、Spotify、Airplayなどを介してラジオや音楽を再生できます。 しかし、どこかでXNUMXつのデバイスの間に価格差がなければなりませんでした。

編集者の意見

Libratoneワンクリック
  • 編集者の評価
  • 4つ星評価
179
  • 80%

  • デザイン
    編集者:95%
  • 自治
    編集者:90%
  • 携帯性(サイズ/重量)
    編集者:95%
  • 価格品質
    編集者:75%

長所と短所

プロたち

  • 素敵なデザイン
  • 防水・防塵
  • 12時間の自律性、持ち運びに便利なデザイン

コントラ

  • Wi-Fi接続がありません

結論

Libratone One Clickは、優れた音質のデバイスを探している場合に適したオプションです。 快適に輸送できる。 あなたが家を出て、土地や水が入るリスクなしに通り、プール、ビーチ、またはフィールドで音楽を聴くのが好きなら、これはあなたが探しているものです。 非常に丁寧なデザインで、他のメーカーに比べて値段はやや高いですが、間違いなく あなたが品質を探しているならそれだけの価値があります.

フォトギャラリー

画像をクリックすると、フルサイズで表示され、Libratone OneClickのすべての詳細が表示されます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

<--シードタグ -->